フィンジアは髪の毛だけでなく頭皮にもアプローチ

フィンジアは抜け毛の原因になりえる問題を一つずつ解決したい時に適した育毛トニックであり、使い続けて頭皮を変えていくことが大事になります。

頭皮の汚れや毛穴のつまりは毛の健やかな成長を妨げてしまいますが、フィンジアは2種類のスカルプ成分が使われていてさっぱりとさせることが可能です。

イソフラボンを含むキャピキシルは頭皮のコンディションを整え、ピディオキシジルはダメージに負けない健やかな頭皮を守るうえで欠かせません。

2つのスカルプ成分が毛穴内にもうまく働きかけてくれるように加えられているのがカプサイシンで、かたまってしまっている状態を柔らかく広げることに役立ちます。

辛み成分を食べて毛穴が開くのと同じ理論ですから、肌に過度な負担を与えることはありません。ヘアケアメーカーならではの成分もフィンジアには含まれており、センブリやビワ葉にボタンなど植物由来成分を中心として10種類加えられています。

頭皮が硬く血行が悪くなっている状態を、カプサイシンで軟化させて浸透力を高めるためにはフィンジアをしばらく使い続けることが大事で、皮膚の硬さにより1週間で浸透力が高まる人もいれば3週間以上かかる人もいます。

このため、結果が出るかどうか判断するためには1か月程度使い続ける必要があるでしょう。肌細胞が生まれ変わる周期を考えても最低限必要な期間であり、髪の質が変わるためにはさらに長い期間必要です。

今生えている髪が役目を終え、新たに生えてきた毛から成分の影響を色濃く反映していくことになるので、すぐに結果を求める人には適していません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です