合同説明会は誰の為か双方に得られるメリット

合同説明会は学生向けか企業向けかと言われると双方の為でもあります。企業向けにおいては普段学生からの認知度が低くて面接すら来てくれない企業にとっては大勢の学生が集まるので自分の企業を知ってもらえる良い機会でもあります。

お手軽な合同説明会の欲しい情報が手に入りました。

中には興味を持ってくれて採用試験を受けたい学生まで出てくれれば収穫は十分に得られるでしょう。


しかし、1ブース出展するにはもちろん費用がかかり、人気の合同説明会においては何百万円もかかるケースもあり、人材確保の投資でもあります。

もちろん認知度が低い企業ばかりでは学生が集まらないので人気や知名度の高い企業にも参加してもらう事で学生の参加者を確保できる戦略もあります。
一方で学生の合同説明会の参加においてはまだ目的や就きたい企業が決まっていない場合には有効と言えるでしょう。知らない企業や業界を知れるチャンスでもあり、人事担当者とも直接会う事が出来るので不明な点も聞き出す事が出来る点は魅力的でしょう。


しかし、ある程度志望企業も決まっており、将来のやりたい事が明確な人には得られる物は少ないかもしれません。
これから合同説明会を受ける人は数多くある説明会でやみくもに参加するのではなく、目的を持って参加すると良いでしょう。

セミナーを受ける為、ある企業の説明を聞きたい為、やりたい分野を発見する為に行くなどでも得る物は違ってくるでしょう。



合同説明会とはいえ、直接企業の方と話す機会があるので企業側も気の緩みや応対によってはイメージダウンになり兼ねないので油断せず紳士な対応が学生を得るポイントでもあります。

DYMの2014年度新入社員による制作サイトです。 >>DYM2014